洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > イベント情報 > 館蔵品展1 鹿島家文書と「嶋之月影」

イベント情報

館蔵品展1 鹿島家文書と「嶋之月影」

【更新日】2024年7月16日

ご案内

開催期間 2024年7月30日(火)〜2024年12月1日(日)
場所 淡路文化史料館 2階展示室
時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
料金 一般 大人:500円高校生・大学生:300円 小学生・中学生:150円 ※幼児・障害者(介助者1名含む)は入館無料。※兵庫県内在住の小中学生は「のびのびパスポート」「ココロンカード」が利用可。  
申込み情報 詳しくは下記関連リンク≪洲本市立淡路文化史料館HP≫をご覧ください。
お問い合わせ 淡路文化史料館 TEL:0799-24-3331 休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)月曜日  ※月曜日が祝休日のときは、翌平日が休館。年末年始(12/28〜1/4) 

2024年7月30日(火)〜12月1日(日)の期間、淡路文化史料館で『館蔵品展T 鹿島家文書と「嶋之月影」』を開催します。

〜館蔵品展1 鹿島家文書と「嶋之月影」〜
鹿島家文書とは、鹿島秀麿が残した書簡類です。
鹿島秀麿は、洲本市出身の政治家で、神戸から衆議院議員となり、神戸の近代都市化に多大な貢献をした人物です。
また明治3年(1870)の庚午事変で切腹となった大村純安は兄にあたります。
文書は鹿島秀麿の父である大村純道関係、兄の大村純安関係、義弟の星合常恕関係、そして鹿島秀麿関係です。
いずれも、幕末から明治にかけての淡路島を知る上で欠くことのできない一級資料です。
幕末の若き藩士たちや近代黎明期の政治家たちが、どのように考え、行動したのか、その息遣いが聞こえてくるような資料です。ぜひご覧ください。
詳しくは下記関連リンク≪洲本市立淡路文化史料館HP≫をご覧ください。
 
  ◆展示期間 
    2024年7月30日(火)〜12月1日(日) 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
  ◆開催場所 
    淡路文化史料館 2階展示室
  ◆入館料
    一般大人:500円(400円)高校生・大学生:300円(250円)小学生・中学生:150円(100円)
   ※()は20名以上団体割引料金
   ※幼児、障害者(介助者1名含む)は入館無料。(手帳をご提示ください。スマホ手帳可。)
   ※兵庫県内在住の小中学生は「のびのびパスポート」「ココロンカード」がご利用いただけます。
   
【お問合せ】
 淡路文化史料館  TEL:0799-24-3331 
 開館時間 9:00〜17:00 休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)月曜日 
 ※月曜日が祝休日のときは、翌平日が休館。年末年始(12/28〜1/4)

関連リンク

イベントカレンダー

2024年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

先月|今月|来月

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る