洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 淡路花祭2017春オープニング

お知らせ

淡路花祭2017春オープニング

【更新日】平成29年3月21日


会場の様子

シンボルオブジェ

寄せ植え体験

取材日:3月18日
放送日:3月20日更新分「すもとかわらばん」

草花が最も美しくなるこれからの季節、
淡路島全域で花に関連した様々なイベントが行われる
「淡路花祭2017春」が開幕したという話題です。

3月18日にはオープニングセレモニーが行われ、
初めにシンガーソングライターのChappeさんが、
淡路島をイメージしてこの日の為に書き上げたという
「花の島」や
花キューピット兵庫支部のイメージソングなど
4曲を熱唱しました。

この 「淡路花祭2017春」は
淡路島全域を花と緑であふれる島にしようと、
淡路島くにうみ協会や
島内の緑花団体などが中心となって開いているもので、
今回で6回目の開催となります。

続く式典では、
淡路島くにうみ協会の嶋田武司理事長が、
「淡路島を
花の島・観光の島として盛り上げていきたい」
と挨拶しました。

その後、今回のシンボルオブジェの除幕式が行われました。

このオブジェ、
江戸時代の五色出身の豪商、高田屋嘉兵衛が乗っていた
北前船「辰悦丸」をイメージしていて、
ヴィオラと万年草、およそ3000株で飾られています。
また、寄せ植え体験も行われ、
会場に並べられた鉢に
参加した人たちがヴィオラを植えていました。

5月18日まで続くこの「淡路花祭2017春」
市内では、3月26日、ウェルネスパーク五色で
「洲本五色菜の花まつり」が開かれるのをはじめ、
期間中、淡路島内各地で
さまざまなイベントが予定されています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る