洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 龍谷フロートソーラーパーク洲本設置工事

お知らせ

龍谷フロートソーラーパーク洲本設置工事

【更新日】平成29年8月11日


工事進行中の三木田大池

現場を訪れた龍谷大学学生達

設置工事を手伝う学生

取材日:8月9日
放送日:8月10日更新分「すもとかわらばん」

洲本市では龍谷大学、企業、地域が協力して
中川原町の三木田大池で進められている
ため池を利用した太陽光発電所の建設工事が進められています。

8月9日、洲本市と大学が協力し、
地域の特性を知り、地域活性化と人材育成を図る
域学連携という事業に取り組んでいる
龍谷大学の学生6人が建設現場を訪れ、
太陽光パネルの設置を手伝ったり、
作業の様子を見学したりしました。

高齢化や担い手不足に伴って、
ため池の維持管理が問題になりつつある洲本市では
龍谷大学と協力して、
ため池を利用した太陽光発電の建設を進めていて
すでに今年一月から鮎原塔下地区で
第一号が稼働しています。

三木田大池に建設される太陽光発電所は、
およそ6300枚の太陽光パネルを水面に浮かべ、
総発電能力は1705KW、
一年間で一般家庭使用電力量の570軒分に相当する
発電量を見込んでいます。

現在は
池に浮かべる太陽光パネルの設置工事が進めてられていて
およそ7割の設置が済んでいます。
それが終わると充電施設の建設や
発電・送電に関するテストなどを行う予定になっています。

施設が完成したのちは、
電力を売って生まれた利益を使って、
洲本市、龍谷大学、企業が連携し、
社会問題の解決や活性化に向けた取り組みを
展開する予定です

なお、「龍谷フロートソーラーパーク洲本」と
名付けられたこの発電所、
今年10月の稼働を目指しています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る