洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > ふれ愛まつり2017

お知らせ

ふれ愛まつり2017

【更新日】平成29年10月12日


洲本市総合福祉会館

お茶会

餅つき

取材日:10月 8日
放送日:10月11日更新分「すもとかわらばん」

10月8日、「ふれ愛まつり2017」という催しが
洲本市総合福祉会館で開かれました。

この催しは、健康に対する興味を持ってもらう事と、
お年寄りに明るく健やかな人生を送ってもらう事を目的に
洲本市と洲本市社会福祉協議会が開いたものです、

以前、福祉関係の催しは、
洲本市が「洲本市健康福祉まつり」を、
洲本市社会福祉協議会が「社協のつどい」を開いていましたが、
目的が似ていた事もあり、
最近は、合同でこのイベントを開いています。

この日、洲本市総合福祉会館の駐車場では、
古着や日用品といった様々な品物を販売する
フリーマーケットや
カレーライス・ポップコーンを提供する模擬店など、
およそ40のお店が並んでいました。

一方、建物の中では、
児童センターを利用している子供たちによる
お茶会が開かれていました。

また、社会福祉士による相談窓口や
体力測定ができるコーナーも設置されていました。

この他、使わなくなったおもちゃを他のものと交換する
「かえっこバザール」や
オカリナに好きな絵を描く
手作り教室なども開かれていました。

災害に対する意識を高めてもらおうと用意された、
防災コーナーでは、炊き出しの試食として
豚汁500人分が振舞われました。

この日は、食育を通して、
元気に明るく地域社会に貢献しようというグループ
「男の居場所・団ディーズ」が、
女子プロ野球チーム兵庫ディオーネの選手と一緒に
餅つきを行いました。

そして、つきあがった餅を販売して得た収益金を、
地域福祉の向上に役立ててもらおうと
洲本市社会福祉協議会へ寄付しました。

3連休の中日となった今回の催し、
洲本市社会福祉協議会によると、
この日はおよそ2500人が会場に訪れたという事です。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る