洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 永田秀次郎シンポジウム

お知らせ

永田秀次郎シンポジウム

【更新日】平成29年12月7日


講演会の様子

討論会の様子

ゆかりの品の展示会場

取材日:11月26日
放送日:12月6日更新分「すもとかわらばん」

1964年の東京オリンピックより24年も早く
日本にオリンピック招致した
淡路島出身の政治家 永田秀次郎の偉業を知り
顕彰の輪を広げていこうという
永田秀次郎シンポジウムが11月26日
南あわじ市中央公民館で開かれました。

この日は、秀次郎が学長を務めた拓殖大学のOBで
スポーツジャーナリストの宮澤 正幸さんが講演を行い
記者として得た情報などを交えながら
その足跡を紹介しました。

現在の南あわじ市に生まれた秀次郎は、
三重県知事などを歴任後、
東京市長に就任した1923年に関東大震災が起こり
復興に尽力しました。

首都復興の象徴としてオリンピック招致に奔走し、
一度は東京での開催が決まるものの
日中戦争が勃発したことにより、
秀次郎が夢見たオリンピックは、幻となっていましました。

この日の最後に開かれた討論会では、
政治、教育、俳句、釣りと多方面で活躍した、
秀次郎の各分野でのエピソードが紹介されました。

この日会場には、秀次郎 ゆかりの品が、
数多く展示されていて、
会場を訪れた人達は、足を止め熱心に見入っていました。

なお、今回のような催しは、
淡路島内にとどまらず、
今後、秀次郎が活躍した東京でも
開かれることになっています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る