洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 第7回すもとマラソン

お知らせ

第7回すもとマラソン

【更新日】平成30年2月13日


大会の様子

大会の様子

表彰式

取材日:2月11日
放送日:2月12日更新分「すもとかわらばん」

2月11日、五色地域を走る
「第7回すもとマラソン」が開かれました。

今回の大会には
洲本市や島内はもちろん、遠くは東北や九州から
あわせて1721人のエントリーがあり、
この日は1449人が出場しました。

このすもとマラソン、今回も例年と同じく
五色中学校をスタート・ゴール地点とした、
ハーフマラソン・5キロメートル・2キロメートルの
3つのコースが用意されていて、
まず、ハーフマラソンの部からスタートしました。

ハーフマラソンは、
五色中学校をスタートした後、
五色県民健康村で折り返し、
鮎原から都志、淡路サンセットラインを経由して、
鳥飼、広石を通るコースとなっていました。

また、ハーフマラソンのコースでは、
都志大橋付近など3ヶ所に給水所が設置されていて、
市内のスポーツクラブ21の役員らが、
ランナー達に水やスポーツドリンクを手渡していた他、
沿道からは市民が大きな声援を送っていました。

今回の「すもとマラソン」で最多の参加者となった
ハーフマラソンに続いて、
5キロメートルの部門がスタートしました。

続いて2キロメートルのコースが設定されていた
小学生を対象にした部門と
子どもと大人が一緒に走るファミリーの部門が
スタートしました。

今回のすもとマラソン、
制限時間内にゴールしたのは、
全ての部門をあわせると1427人という結果になりました。

そして、完走者には、完走証が手渡された他、
各部門の上位入賞者には、
賞状やメダル、五色産のイチゴなどが贈られました。

この日は、
シドニーオリンピック1万メートルなどに出場し、
現在は、管理栄養士として全国各地で講演活動をしている
高橋千恵美さんが招かれ、
スターターや表彰式のプレゼンターを務めました。

この他、
会場では、「淡路島牛丼」や「淡路島ぬーどる」をはじめ、
洲本・淡路の食材を使った丼物・麺類・汁物などが用意され、
走り終えたランナーに振る舞われていました。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る