洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 淡路日出農協が学校給食用にたまねぎを寄贈

お知らせ

淡路日出農協が学校給食用にたまねぎを寄贈

【更新日】平成30年6月14日


たまねぎ寄贈

市長へ目録を渡す

記念撮影

撮影日:6月13日
放送日:6月13日更新分「すもとかわらばん」

淡路日の出農業協同組合から洲本市に、
学校給食用として「たまねぎ」が寄贈されました。

6月13日、方城 芳昭代表理事専務ら3人が洲本市役所を訪れ、
竹内通弘市長に「たまねぎ」10キログラムと目録を手渡しました。

淡路日の出農業協同組合では、
子供達に淡路島の特産品を知ってもらう食育の一環として
2013年から地元産の新米を、
2015年からは「たまねぎ」を学校給食用に寄贈しています。

用意された「たまねぎ」は、
洲本市内で栽培された「ターザン」という品種で、
肉厚で柔らかく、
火を通すことでさらに甘みが増すと言われています。
今回は、洲本市全体の学校給食1日分として、
洲本給食センターに195キログラム、
五色給食センターに60キログラムが贈られました。

なお今回寄贈を受けた「たまねぎ」、
洲本給食センター分は、7月3日に
また、五色給食センター分は、7月12日に、
それぞれ学校給食のカレーライスの具材として
使用される事になっています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る