洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > すもと歴史さんぽ 高田屋嘉兵衛の里めぐり

お知らせ

すもと歴史さんぽ 高田屋嘉兵衛の里めぐり

【更新日】平成30年12月5日


街歩きの様子

高田屋顕彰館

高田屋嘉兵衛の埋葬地

撮影日:12月2日
放送日:12月5日更新分「すもとかわらばん」

市内にある歴史遺産を歩いて巡りその価値やいわれを知ることで、
文化財を守っていく事の大切さを感じてもらおうというイベント、
「すもと歴史さんぽ」が12月2日、開かれました。

「高田屋嘉兵衛の里めぐり」と題したこの街歩きには、
島内の歴史愛好家、およそ20人が参加し、
都志地区にある江戸時代の豪商、高田屋嘉兵衛ゆかりの場所を歩いて巡りました。

ウェルネスパーク五色を出発した一行は初めに、施設内にある高田屋顕彰館で、
学芸専門員の案内を受けながら、高田屋嘉兵衛の偉業や北前船貿易などについて話を聞きました。

この「すもと歴史さんぽ」、今年度は5回予定されていて、先山千光寺や洲本城跡といった
洲本市内で歴史的に価値のある場所を対象に、これまで3回、開かれていました。

この日の午後からは
高田屋嘉兵衛翁顕彰会 高田耕作さんの案内を受けながら、埋葬地や、
嘉兵衛の妻、おふさの生家跡など、およそ6キロメートルを歩いて巡りました。

今回巡った場所の内、高田屋顕彰館、邸宅跡、都志八幡神社などは
日本遺産「北前船寄港地・船主集落」の構成文化財に選ばれています。

なお、この「すもと歴史さんぽ」、今年度最後となる5回目は、
来年3月21日に由良地区にある成ヶ島や由良要塞を巡る催しが開かれることになっています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る