洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 「名勝・旧益習館庭園」胡弓演奏会

お知らせ

「名勝・旧益習館庭園」胡弓演奏会

【更新日】平成30年12月5日


旧益習館庭園

胡弓奏者の木場さん

聴衆

撮影日:11月23日
放送日:12月5日更新分「すもとかわらばん」

11月25日まで夜間公開されていた山手にある名勝「旧益習館庭園」で
11月23日、胡弓という楽器の演奏会が開かれました。

ライトアップされた庭園の幻想的な雰囲気の中、
洲本市出身の胡弓演奏者、木場大輔さんによる、演奏が始まりました。

この日は、富山に伝わる民謡や「アメージンググレース」、
そして、木場さんが作曲した「焔」と、
淡路島が生んだ偉人「高田屋嘉兵衛」をイメージした「嘉兵衛の海」の、あわせて4曲を演奏しました。

胡弓は、江戸時代に日本で生まれた楽器で、
聞く人によって物悲しさや侘びを感じたするなど、透き通った音色が特徴といわれます。

演奏が行われた旧益習館庭園は日本最大級の巨大な岩が用いられた豪壮な武家庭園として
高い価値を誇り、この程、国指定の名勝となりました。

この庭園は、通常は土日、祝日の昼間のみ、一般公開していますが
紅葉シーズンに合わせ、
ライトアップをした庭園の様子を楽しんでもらおうと、毎年、夜間公開を行っています。

演奏会には、100人近い人たちが訪れ、月の光と、巧みにライトアップされた庭園、
そして、胡弓が奏でる艶やかで幽玄な調べに、しばし時を忘れて聞き入っていました。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る