洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 洲本市消防団年末特別警戒

お知らせ

洲本市消防団年末特別警戒

【更新日】平成31年1月1日


巡視を受ける消防団員

消防車両に乗り込み巡回

女性消防団員

撮影日:12月28日
放送日:12月31日更新分「すもとかわらばん」

洲本市消防団の年末特別警戒が始まり、初日となった
12月28日には、団員達を激励する巡視が行われました。

洲本市消防団では、
毎年12月28日から31日までの4日間を
「年末特別警戒」と定め、
「火の用心」を呼びかける夜間のパトロール活動を行っています。

この日は、竹内通弘市長や洲本市消防団の高田光雄団長ら
あわせて14人の巡視官が3つのグループに分かれて
市内の各分団の詰所を巡回しました。

巡視を受けた由良上灘分団、物部分団の詰所では、
厳しい冷え込みの中、それぞれの団員達が整列をして、
巡視官達を出迎えました。

そして巡視官からは、日頃の消防団活動に対する感謝と
警戒にあたっての激励の言葉が贈られました。

この「年末特別警戒」では、洲本市消防団の団本部と、
洲本地域・五色地域のあわせて16分団、
総勢940人を超える消防団員が、
28日から31日までの4日間、深夜にかけて、
分団ごとに地域のパトロールを実施しています。

洲本市消防団では、
年始恒例の「出初式」を
1月6日、洲本市文化体育館と洲本港で開催することになっていて、
消防団活動に功績のあった人達に対する表彰や
一斉放水などを行う予定です。

なお、今年の年末特別警戒の初日には、
女性団員4人も巡視に加わっていて、
広報車に乗り込み、市内を巡回しながら火の用心を呼び掛けていました。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る