洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 初セリ

お知らせ

初セリ

【更新日】平成31年1月8日


由良漁港

せり

水揚げされた太刀魚

撮影日:1月6日
放送日:1月7日更新分「すもとかわらばん」

1月6日、由良漁港で今年最初のせりが開かれました。

昨年の12月29日以来のせりとなった由良漁港には、
午前11時頃から
和歌山県沖などで獲れた魚が次々と運び込まれました。

そして、午前11時30分、せりの開始を告げるベルを合図に
漁師達が、
「種類」や「大きさ」、「重さ」ごとに、仕分した様々な魚を
次々とせり台に運び込みました。

由良漁港では、今年から混雑の回避を目的に
釣りや底引き網など
漁法別に時間をずらしてせりが行われました。

この日は、鯛や太刀魚、カレイなどが水揚げされ、
仲買人らは、入念に品定めをした後、
木製の札にチョークで値段を書きこみ、
次々と競り落としていきました。

せりを取り仕切る由良町漁業協同組合には、
現在、およそ280人の漁業関係者が加盟していて、
県下で4番目に大きい漁業協同組合となっています。

由良町漁業協同組合によると
最近の由良漁港での年間漁獲量は、
1000トン前後を記録していますが、
20年前に比べると半分程度になっているということです。

そのため、由良町漁業協同組合では、
経営基盤の強化や経営の効率化を図ると共に、
稚魚の放流やアワビの中間育成などに取り組み
漁獲量の安定化を目指しています。

なお、この日、競り落とされた魚は、
島内はもちろん、
京阪神地区などにも出荷されたということです。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る