洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 洲本市老人クラブ連合会 ふれあい作品展

お知らせ

洲本市老人クラブ連合会 ふれあい作品展

【更新日】平成31年2月8日


会場の様子

会場の様子

会場の様子

撮影日:2月7日
放送日:2月7日更新分「すもとかわらばん」

洲本市老人クラブ連合会「すこやかクラブ洲本」の会員による作品展が、
2月7日から洲本市文化体育館で開かれています。

この作品展は、平成5年、
当時の「洲本市老人クラブ連合会」の中に「趣味の会」が発足し、
会員の作品を持ち寄り展示するようになったのが始まりです。

その後、毎年この時期に開かれ、25回目となる今年は、
60歳から95歳までの会員117人が持ち寄った作品
176点が展示されています。

会場には、公民館で開催されている講座の中で製作したものや、
趣味として、それぞれに工夫を凝らして作ったものなど、
工芸、盆栽、絵画、書、写真、パッチワークといった多種多様な作品が、
12の地区ごとに並べられています。

また個人で制作した物以外にも、
グループで取り組んだ共同作品も8点出展されていました。

現在、洲本市老人クラブ連合会には、
71のクラブに4153人の会員が登録していますが、
作品づくりに生きがいを感じ、
普段の生活をより豊かにしてもらおうと、
この作品展を毎年続けています。

そして、沢山の人に作品を見てもらうことが
会員達の大きな励みにもなっていて、
毎回レベルの高い作品が揃います。

例年、およそ1000人が訪れるというこの作品展、
開催初日となったこの日も、
朝から多くの人が会場に詰めかけ、作品に見入っていました。

なお、この「ふれあい作品展」は、
2月8日は午後3時まで開かれています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る