洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 針供養

お知らせ

針供養

【更新日】平成31年2月12日


針供養

針奉納

ぜんざいを頂く

撮影日:2月8日
放送日:2月11日更新分「すもとかわらばん」

2月8日厳島神社で毎年恒例の針供養が行われました。

この針供養は、
日頃、裁縫に携わっている人達が 針仕事を休み、
使い古した針を供養すると共に、
裁縫技術の向上や一年間の無事などを祈願するもので、
厳島神社では毎年、2月8日に行われています。

この日、厳島神社の拝殿には、
「お針立て」といわれるこんにゃくが用意され
訪れた人達が、曲がったり折れたりしてしまった
「縫い針」や「まち針」を納めていました。

また、正午からは和裁などの針仕事をする人や
服飾業に携わる人達が出席して、
神事が執り行われました。

参拝者たちは、浦上直子禰宜からお払いを受けた後、
玉串を納める代わりに
赤・黄・青、緑、紫の五色の糸が通された針を奉納しました。

神事の後、参拝者は、
邪気を払い 幸福をもたらすという
小豆と餅が入った「ぜんざい」を食べ
更なる、技術の向上と、今年一年の無事を祈っていました。

なお、針供養で、納められた針は、
後日、あらためて
境内にある「針塚」に納められるという事です。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る