洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 災害にも強いまちづくり講座

お知らせ

災害にも強いまちづくり講座

【更新日】平成31年3月16日


講座の様子

講演した頼政さん

リレートークの様子

撮影日:3月15日
放送日:3月15日更新分「すもとかわらばん」

「災害にも強いまちづくり」という講座が、
3月3日、洲本市総合福祉会館で開かれました。

この講座は、台風23号が発生した次の年の平成17年から
洲本市社会福祉協議会が毎年開いているもので、
この日は、ボランティア活動や防災に関心がある人達が参加しました。

はじめに、
「災害救援と復興支援」と題して、神戸市を拠点に活動している
「被災地NGO協働センター」代表の頼政良太さんが話をしました。

頼政さんは、
仮設住宅暮らしの被災者に寄り添う活動について話した他、
1本のタオルを、象の顔の形にした壁掛けタオルに作り変え、
それを販売することで、
仕事づくりや生きがいづくりに繋げようとする取り組み
「まけないぞう事業」などを紹介しました。

講座の後、リレートークと題して、
昨年の西日本豪雨災害により大規模な浸水被害を受けた
岡山県倉敷市真備町(まびちょう)で、実際に支援活動に携わった3人が、
当時の様子や感想などを話しました。

発表したのは、
職員派遣として、「倉敷市災害ボランティアセンター」で活動した
洲本市社会福祉協議会の佐藤聖奈さん、
「淡路地区社会福祉連合会」によるボランティアバスで、
被災地にかけつけた 市内在住の吉岡仁一さんと原竜也(はらたつや)さんです。

なお、洲本市社会福祉協議会では、
防災や災害復旧、復興支援について考える場として
この講座を今後も実施していくことにしています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る