洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 淡路島オールロケ映画に関する制作発表

お知らせ

淡路島オールロケ映画に関する制作発表

【更新日】平成31年4月13日


河合監督

映画のキャスト

制作発表の様子

撮影日:4月8日
放送日:4月13日更新分「すもとかわらばん」

このほど、全編、淡路島でロケを行う映画が、制作されることになり、4月8日、記者会見が行われました。

会見は映画やテレビ関係者に淡路島のロケ地などを紹介する
淡路島フィルムオフィスのある洲本ポートターミナルビルで行われ、
メガホンをとる河合健監督が出席しました。

河合監督は、大阪府岸和田市生まれの29歳。
フリーの助監督として数々の作品に携わる傍ら、自らも監督として、2本の自主制作映画を製作してます。

3本目の映画を制作するため、全国各地を回っていたそうですが、
南あわじ市にイメージ通りの場所を見つけ、ロケ地にすることを決めました。

河合監督による完全オリジナル脚本で制作される「なんのちゃんの第二次世界大戦」という映画、
太平洋戦争の平和記念館設立を巡るドタバタを描いたストーリーとなっています。

出演は、主役の市長役に俳優の吹越満さん、
市長と対立する南野家の祖母役に女優の大方斐紗子さん、
その孫役に女優の北香那さんが決まっています。

そして、この映画の特徴の一つは、
他の主要キャストを淡路島で開くオーディションで決めることです。

オーディションは、4月20日土曜日、午後1時から
洲本市民工房のギャラリーで開催されます。
オーディションは直接会場にお越しください。

なお、映画の撮影時期は6月中旬から7月下旬の2週間程度、上映時間は100分を予定していて、
海外の映画コンクールなどに出品した後、2020年頃の公開を予定してます。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る