洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 淡路島くにうみ協会設立シンポジウム

お知らせ

淡路島くにうみ協会設立シンポジウム

【更新日】平成31年4月23日


オープニング

基調講演

パネルディスカッション

撮影日:4月19日
放送日:4月22日更新分「すもとかわらばん」

4月19日、一般財団法人「淡路島くにうみ協会」が、設立10周年を迎えたことから、
洲本市文化体育館で記念の催しが開かれました。

記念式典を前に、南あわじ市を中心に活動している
創作和太鼓集団「甍)」がオープニングを飾った後、
淡路島くにうみ協会の嶋田武司理事長が開会の挨拶をしました。

一般財団法人「淡路島くにうみ協会」は、これまで様々な事業を通じて淡路地域全体の活性化と、
花と緑あふれる地域づくりを推進するなど魅力の発信を行ってきました。

この日は、基調講演としてNHKのテレビ番組に出演したこともある
園田学園女子大学名誉教授の 田辺眞人さんが「歴史・文化を活かした島おこしに」と題し、話をしました。

淡路島くにうみ協会は、平成21年4月に、当時の淡路21世紀協会と
淡路花博記念事業協会とが統合して、発足しました

以降、淡路島くにうみ講座や永田青嵐顕彰全国俳句大会の開催、
あわじ花へんろや、映画ロケ地の誘致をするフィルムオフィス
住民参加型太陽光発電所など、淡路島全域で展開する事業に取り組んできました。

基調講演の後には、洲本市地域おこし協力隊や
島外から移住して起業した人など4人が舞台に登場し、田辺さんがコーディネーターとして
「私たちの淡路島〜歴史に学び、未来へつなぐ〜」をテーマにパネルディスカッションを行いました。

なお、淡路島くにうみ協会では平成12年に初めて開催した
淡路花博から20年目を迎える来年には記念事業を開催する予定にしています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る