洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > すもとっ子MANABIプロジェクト

お知らせ

すもとっ子MANABIプロジェクト

【更新日】平成31年5月8日


参加者

昆虫採集

質問コーナー

撮影日:5月4日
放送日:5月7日更新分「すもとかわらばん」

「昆虫大捜査線」というイベントが、
5月4日、五色県民健康村で開かれ、
およそ170人の親子連れが参加しました。

この日は、はじめに、講師を務めた
県立「人と自然の博物館」の昆虫博士 八木剛さんが、
網を使った虫の捕まえ方のコツなどを説明しました。

その後、子ども達は、お父さんやお母さんと一緒に
五色県民健康村周辺で、昆虫探しをはじめました。

この「昆虫大捜査線」というイベントは、
「すもとっ子MANABIプロジェクト」のひとつとして
洲本市教育委員会が開いたもので、
昨年に続いて2回目の実施となります。

前回は、セミやカブトムシが多く見られる夏の開催でしたが、
今回は、年間通じて一番多くの種類の昆虫が獲れるとされる
この時期の実施となりました。

およそ1時間かけて行われた昆虫採集、
捕まえてきた昆虫や生き物は、
子ども達の名前を書いた袋に入れて種類別に並べられました。

その結果、バッタやてんとう虫、蝶など、
全部でおよそ80種類370匹が集められ、
中には、
体長が3センチ以上もあるオオスズメバチも見つかりました。

最後には、講師の八木さんが、
捕まえてきた虫について説明したり、
「毛虫から成長したら何になる?」といった子供達からの質問に
答えたりしました。

なお、洲本市教育委員会 生涯学習課では、
今年度も「すもとっ子MANABIプロジェクト」を予定していて、
「すもとっ子」の健全育成を目的に、
子供達に学びの場を提供していきたいとしています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る