洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > うみぞら映画祭2019

お知らせ

うみぞら映画祭2019

【更新日】2019年5月29日


会場でのひとこま

出演者舞台挨拶

映画上映の様子

撮影日:5月25日
放送日:5月28日更新分「すもとかわらばん」

5月25日、26日に開かれた
「うみぞら映画祭2019」の話題です。

大型スクリーンを海の上に浮かべ、
砂浜で映画を観るという「うみぞら映画祭」、
大浜海水浴場では、グルメが楽しめるブース、
吹き戻しやお香をつくるワークショップなどが用意され、
上映前から多くの人で賑わっていました。

また、「ひょうご瀬戸内ごみゼロ青年団」と題した
ごみ拾いイベントも実施されていて、
大浜海水浴場で拾ったゴミを持っていくと
バッジとポップコーンがプレゼントされていました。

一方、この日の午後6時すぎからは、
「うみぞら映画祭2019」のオープニングセレモニーが行われ
間寛平さんや南あわじ市出身の女優中尾萌那さんらが出演した映画「時代おくれ」の舞台挨拶が行われました。

洲本市出身の大継康高さんがメガホンをとったこの映画は、
全て淡路島でロケが行われ、
島民100人以上がエキストラとして出演しています。

舞台挨拶では、間寛平さんら出演者が、
映画撮影時のエピソードなどを話していました。

海の映画館となった大浜海水浴場をはじめ、
洲本オリオン、洲本市文化体育館の3カ所で、
2日間にわたって行われた今回の「うみぞら映画祭」。

上映された映画も大継監督による
「時代おくれ」や「あったまら銭湯」をはじめ、
「ダンボ」や「ボヘミアンラプソディー」といった話題作もあり、
大人から子供まで幅広く楽しめるものとなっていました。

なお、今回で4回目の開催となった「うみぞら映画祭」、
2日間で、のべ6000人が足を運んだということです。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る