洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 洲本市民スポーツ大会

お知らせ

洲本市民スポーツ大会

【更新日】2019年6月12日


ソフトバレーボール

グラウンドゴルフ

ペタンク

撮影日:6月9日
放送日:6月11日更新分「すもとかわらばん」

6月9日、健康増進と愛好家同士の交流を図ろうという
洲本市民スポーツ大会が、アスパ五色で開かれました。

まず、体育館のアリーナで行われたソフトバレーボールには、
小学生、40歳以上、レディース、フリーの4つの部門が用意され、
24チーム、155人が出場しました。

部門により参加チーム数が違うため、
グループ予選を経て、決勝トーナメントを行うものと
総当たりで優勝チームを決めるものに分かれていました。

この日の結果、「小学生」「40歳以上」「フリー」の部の
それぞれ上位4チームには、
11月3日に淡路市で開かれる
全淡スポーツ大会への出場権が与えられています。

また、雨天練習場では「ペタンク」が行なわれました。

「ペタンクは」、 ビュット と呼ばれる木製の目標球に向けて、
金属製のボールを投げ合い、
相手チームより目標球に近づけることで
得点を競うというもので、
この日は、6組15人の選手が出場しました。

大会は、2人1組でプレーするダブルス戦となっていて、
まず、2試合ずつ予選を行い、
勝敗の結果、上位3チームの決勝リーグと
4・5・6位による交流リーグを行いました。

一方、多目的グラウンドでは、
グラウンド・ゴルフが行われました。

3人1組の団体戦で行われたグラウンド・ゴルフには、
23チーム 合わせて69人が出場しました。

この日は最短15メートル、最長50メートルの
8つのホールが設けられ、
1人あたり2ラウンドをまわり、
チーム全員の合計打数の少なさで順位を競いました。

清々しく晴れ渡った青空の下
グラウンドでは、ホールインワンが飛び出すなど、
熱戦が繰り広げられました。

この日の
午後から行われたパークゴルフには、
男女合わせて72人の選手が出場しました。

今回の大会では、アスパ五色パークゴルフ場の会員が対象の
「チャンピオンシップ」と
会員以外による「フレンドシップ」の2つの部門があり、
各部門男女上位5位までが表彰されることになっていました。

競技は、一般的なゴルフと同様、
3人または4人1組で18ホールを回り、
その合計打数の少なさを競いました。

体育館の一室を使って行われた「囲碁ボール」には、
12チーム、24人が出場しました。

この大会では
ゲートボールと五目並べを組み合わせた「囲碁ボール」を
平成24年度から取り入れていて、
市内のスポーツクラブ21でも
プレーするところが増えているそうです。

なお、この日 上位6位までに入ったチームには、
全淡スポーツ大会の出場権が与えられました。

体育館のアリーナでは、
100個の玉 全てをバスケットに入れる時間を競う
スポーツ玉入れ「アジャタ」が行われました。

10チームおよそ50人が出場した今回の大会では、
一般の部、小学生の部、レディースの部の他、
親子で参加できる「ふれあいの部」の
4つの部門が設けられていました。

全部で6つの競技が行われた
今年の洲本市民スポーツ大会には、
小学生からお年寄りまで、
幅広い年齢層の市民
あわせておよそ400人が出場しました。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る