洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 地震・津波を想定した避難訓練

お知らせ

地震・津波を想定した避難訓練

【更新日】2019年7月10日


訓練の様子

訓練の様子

講評を聞く生徒

撮影日:7月9日
放送日:7月9日更新分「すもとかわらばん」


近い将来起こりえる大地震や津波に備えた避難訓練が、
7月9日、洲本高校で実施されました。

この日は、「授業中に地震が発生し、
その後、津波警報が発令された」という想定のもと
生徒や教職員ら、
およそ760人が参加して訓練が行われました。

地震が発生し、揺れを感じた生徒達は、
机の下に潜って、指示があるまで待機しました。

そして、津波警報が発令されたという放送が流れると
生徒達は、各学年で指定された
校舎の3階以上に避難しました。

この訓練は、災害時に取るべき行動など
正しい知識を学んでもらおうと、
洲本高校では毎年この時期に実施しています。

避難後 しばらくして津波警報が解除されると
生徒達は体育館に集合しました。

集まった生徒達を前に、
淡路広域消防事務組合 洲本消防署の
脇田喜輝副署長が訓練を振り返り
生徒の避難が早かった事を評価した他、
近い将来起こると言われている
南海トラフ巨大地震が発生した場合、
どういう行動をとればいいのかなども話しました。

最後には、1年生を対象に
煙の中を避難する体験も行われました。

なお、洲本高校では、
生徒達の防災意識の向上を図り、
いざという時に慌てることなく対処出来るよう
今後も防災教育に力を入れていきたいとしています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る