洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 「洲本ビジネスコンテスト」交流会

お知らせ

「洲本ビジネスコンテスト」交流会

【更新日】2019年8月7日


会場の様子

有識者による話

意見を出し合う参加者たち

撮影日:7月30日
放送日:8月6日更新分「すもとかわらばん」

高校生ならではの発想で
新しいビジネスモデルを考えてもらい、
若者が活躍できる地域づくりにつなげようという
「洲本ビジネスコンテスト」についてお送りします。

7月30日、洲本市役所で、
ビジネスコンテストの参加者による交流会が行われ、
蒼開高校と洲本実業高校の生徒8人が出席しました。

この洲本ビジネスコンテストは、
地域と大学とが連携しながら活性化を図ろうという
洲本市の事業、「域学連携事業」の一環として、
京都大学をはじめ、4つの大学で作る学生のグループ、
洲本TRYANGLEが運営しています。

顔合わせとなったこの日は、
お互いに打ち解けてもらおうと、
自己紹介や、
みんなで協力しながら進めるゲームなどを行いました。

続いて、市内でユニークな取り組みをしている
ボランティア団体や営農グループの代表者らを招き、
それぞれが行っている取り組みやビジネスについての
話を聞きました。

学生たちは、話を聞きながら、
良かったと思う事や、活かせそうなアイデア、
疑問点などについて
メモを取り、それを用意された模造紙に貼っていきました。

そして、そのメモを基に、2つのグループに分かれて、
お互いに意見を出し合いながら、
ビジネスアイデアのヒントを探っていきました。

この洲本ビジネスコンテスト、
今後、京大生が講師となって3回程、勉強会を開き、
8月18日、19日の2日間で、
コンテストで発表するアイデアをまとめ上げます。

そして、8月19日には
洲本高校で完成したビジネスアイデアを発表します。

なお、洲本ビジネスコンテストの
最優秀チームのアイデアは
日本政策金融公庫ビジネスコンテストへの応募を
予定しているということです。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る