洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > MANABIプロジェクト 子ども科学教室

お知らせ

MANABIプロジェクト 子ども科学教室

【更新日】2019年8月8日


教室の様子

教室の様子

記念撮影

撮影日:8月1日
放送日:8月7日更新分「すもとかわらばん」

8月1日、中川原公民館で
小学生を対象とした科学教室が開かれました。

この日参加した、23人の小学生達は、
元高校の理科の教師で中川原公民館 館長の田中 一臣さん指導のもと
レモンを使った電池とコイルモーターづくりを体験しました。

この教室は、様々な体験活動を通して、子供達の健全育成や
ふるさとへの愛着心等を育てる機会にしてもらおうという
「すもとっ子MANABIプロジェクト」の一環として開かれました。

参加者たちは田中さんから電気についての説明を聞いた後、
音楽が鳴るICチップに電気を流すためのレモン電池づくりに取り掛かりました。

子供達は、田中さんやスタッフに手伝ってもらいながら
銅板と亜鉛板にICチップを接続し、
レモンにその銅板と亜鉛板を差し込んで、
レモン電池を完成させました。

その後参加者達は、
コイルを使ったモーターづくりに取り掛かりました。

レモン電池は体験用キットを使いましたが、
コイルモーターづくりでは
エナメル線を電池に巻き付けてコイルにしたり
コイルをのせるための軸受けを
クリップを加工して作ったりするなど、
参加者が手作りする工程がいくつもありました。

そのため、はじめは
全員のコイルモーターが上手く回転しませんでしたが、
参加者達はスムーズに回るように手直しをしながら
自分の作ったモーターの動きを確認していました。

この科学教室、非常に人気が高かく、
定員20人のところ、60人以上の応募があったことから
8月5日にも、2回目の教室が開かれたということです。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る