洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 夏休み こどもミュージアムDAY

お知らせ

夏休み こどもミュージアムDAY

【更新日】2019年8月14日


書道体験

旧益習館庭園カード作り

銅鐸・銅鏡作り

撮影日:8月12日
放送日:8月13日更新分「すもとかわらばん」

8月12日、淡路文化史料館のイベント
「夏休み こどもミュージアムDAY」が開かれました。

島内外からおよそ50人の親子が参加したこの日、
大きな筆を使って書く書道体験が行われました。

参加した子供達は、元洲本市地域おこし協力隊で、師範の腕前を持つ
束田裕美さんから指導を受けながら、自分が選んだ漢字ひと文字を書きあげました。

このイベントは、夏休み中の子ども達に、淡路島の歴史と文化を一堂に集めたこの施設を
1日中楽しんでもらおうと企画されたもので、今年で3回目の実施となります。

書道体験が終わると、今年の2月に国の名勝に指定された
旧益習館庭園のカード作りにも取り掛かりました。

カード作りに続いて、淡路文化史料館でも人気の高い
「銅鐸・銅鏡づくり」体験が行われ、およそ1時間かけて完成させました。

この銅鐸・銅鏡づくり、130度という比較的低い温度で溶ける金属を
鋳型という型に流し込んで作る本格的なものです。

特に銅鏡は、下加茂のコヤダニ古墳から出土した
「三角縁神獣鏡」をモデルにした淡路文化史料館オリジナルで、
ここでしか作れないものとなっています。

その後、子ども達は、淡路文化史料館に展示している銅鐸・銅鏡の実物を見ながら
洲本市教育委員会の職員による解説に耳を傾けました。

この日は他にも、館内を回って謎を解くクイズラリーや
室町時代末期から明治時代初めまでの淡路島の歴史を学べる
「戦国すごろくin淡路島」と題したゲームも用意されていました。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る