洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > ICTを活用した複合言語学習

お知らせ

ICTを活用した複合言語学習

【更新日】2019年9月13日


教室の様子

教室の様子

教室の様子

撮影日:9月11日
放送日:9月12日更新分「すもとかわらばん」

デジタル情報機器を活用して外国語を学ぼうという教室が
9月11日、加茂小学校で開かれました。

この教室は、児童達が大人になった時に、
英語だけではなく、
様々な国の言葉を自ら進んで学べる人になってもらおうと、
加茂小学校が初めて開いたものです。

この日は、デジタル情報機器を
子供達の外国語学習にどう活用できるのかを研究している
大阪大学 サイバーメディアセンター教授の
岩居弘樹さんを講師に招き、
およそ2時間に亘って
ドイツ語とインドネシア語を学びました。

6年生の児童29人は、岩居さんから
「こんにちは」や「さようなら」といった挨拶の言葉や、
自己紹介の仕方などを教えてもった後、
早速 友達同士、会話を試しました。

その後、
タブレット型端末「iPad」を使って
児童が話している様子を撮影しました。

これは、撮影した動画を共有することで、
多くの人が見ることが出来るのは勿論、
互いに評価しあえるので、
語学上達のきっかけになるそうです。

講師を務めた岩居さんは、大学での講義の他、
岡山県や京都府の小学校でも、
この日のような教室を開いていて、
加茂小学校が3校目になります。

加茂小学校では、
これからも様々な外国語を学ぶ機会を持ってもらうため、
この日の教室だけではなく、
今後も、インターネットによるビデオ会議を活用しながら
岩居さんと授業を進めていくことにしています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る