洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > まちの防災マップづくり〜ぼうさい探検隊〜

お知らせ

まちの防災マップづくり〜ぼうさい探検隊〜

【更新日】2019年10月9日


イベントの様子

まちなか探検

防災マップの発表

取材日:10月5日
放送日:10月8日更新分「すもとかわらばん」

10月5日、子供達が実際に町を歩いて防災マップを作る
「ぼうさい探検隊」と題した取り組みが
由良小学校で行なわれました。

この日は、
地元消防団や防災士の資格を持つ人達らの指導のもと、
由良小学校の3年生から5年生までの児童22人が
地図やデジタルカメラなどを持って、
由良地区の「まちなか探検」に出発しました。

この防災マップづくりは、
由良小学校に通う子供達が、
自分達の住む町を歩き、地域の人達と触れ合いながら、
地元への関心や防災意識を高めてもらおうと、
6年前から毎年この時期に実施されています。

洲本消防署由良出張所や由良交番などの見学に続いて、
子供達は4つのグループに分かれて、
由良のまちを歩いて調査しました。
そして、危険と感じた場所や防災設備があった場所などを、
カメラに収めたり
地震や自然災害について地域の人に話を聞いたりしました。

海に面する由良地区では、
南海トラフを震源とする大地震が発生した場合、
56分後に最大で2.85mの津波が
押し寄せると予想されています。

そのため、
由良小学校では、年間3回以上、防災訓練を行うなど、
普段から防災教育に力を注いでいます。

およそ2時間かけて町内を歩いた子供達、
小学校に戻ると、
探検の途中で撮影した写真を加工したり
発見したことや気付いたことなどを記入したりして、
オリジナルの防災マップを完成させました。

この日の最後には、4つのグループが、
防災マップの特徴や作った感想などを発表しました。

なお、このイベントで作成した防災マップは、
「小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」に
毎年出品されていますが、
これまで5年連続で入選を果たしています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る