洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 地域のいいとこ発信事業・落語講座

お知らせ

地域のいいとこ発信事業・落語講座

【更新日】2019年12月4日


落語講座の様子

扇子の使い方を説明

落語を披露する笑福亭笑利さん

撮影日:11月30日
放送日:12月3日更新分「すもとかわらばん」

洲本のいいとこ発信大使による落語講座が、
11月30日、堺小学校で開かれました。

堺小学校のオープンスクールが行われていたこの日は、
児童だけでなく、保護者や地域の人達も参加していました。

講師をつとめたのは、落語家の笑福亭笑利さん。

笑利さんは、はじめに子ども達にもわかりやすい
小噺をいくつか披露した後、
落語で使われる小道具として、扇子と手拭の使い方を説明しました。

続いて子ども達が、笑利さんから教えてもらった通りに
うどんをすする様子を表現しました。

「地域のいいとこ発信事業」として、
「洲本のいいとこ発信大使」が講師をつとめるこの講座は、
子ども達に 人前で話すことや自分を表現することを
落語や漫才を通して楽しみながら学んでもらおうというものです。

同様の講座として、
11月2日には、漫才コンビ「モンスーン」が鮎原小学校を訪れ
漫才教室を開いています。

この日の講座では、笑利さんの特技「紙切り」も披露され
パンダやネコなどの他、児童の似顔絵まで作っていました。

そして最後には、
旦那と丁稚「定吉」が登場する落語も披露し
会場を大いに沸かせていました。

五色地域5つの小学校で予定されている落語、漫才教室、
来年1月には都志小学校で開催を予定していて
同じく笑福亭笑利さんが講師をつとめることになっています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る