洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 市内認定こども園へのマスクの寄贈

お知らせ

市内認定こども園へのマスクの寄贈

【更新日】2020年4月16日


寄贈されたマスク1000枚

マスクを寄贈した長尾社長

松山園長・竹内市長・長尾社長

撮影日:4月15日
放送日:4月15日更新分「すもとかわらばん」

この程、市内の認定こども園を対象に
太陽光発電関連事業を手掛ける企業から
マスクが贈られました。

4月15日、
株式会社「スマイルあわじ」の長尾隆之社長が、
洲本市役所を訪れ、竹内通弘洲本市長と
寄贈を受ける3つの認定こども園を代表して出席した
千草こどもの園の松山孝博園長に
マスク1000枚を手渡しました。

スマイルあわじは、五色町都志に拠点を置き、
太陽光発電システムやオール電化システムの
施工・販売などを展開していて、
今回、取引のある中国のメーカーから
無償でマスク1000枚を譲り受けました。

そこで、長尾社長は、「子供たちのため
第一線で働く人たちにマスクを使ってもらいたい」
という想いから、今回の寄贈を決めました。

マスクを受け取った竹内市長は
長尾社長にお礼の言葉を述べた他、感謝状を手渡しました。

寄贈を受けた千草こどもの園でも、
マスクの確保には苦労していたそうで、
29人いる保育教諭や調理師は、
手作りのマスクをして急場をしのいでいたそうです。

今回、寄贈されたマスク1000枚は、
千草こどもの園、認定こども園おおの、洲本こども園の、
3つの認定こども園に、配布されるという事です。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る