洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 飲食組合とFC淡路島によるプロジェクト

お知らせ

飲食組合とFC淡路島によるプロジェクト

【更新日】2020年5月13日


オープニングセレモニー

記念撮影

出前プロジェクトのチラシ

取材日:5月10日
放送日:5月12日更新分「すもとかわらばん」

洲本飲食組合と淡路島に拠点を置き将来のJリーグ入りを目指すサッカーチーム
「FC淡路島」とが協力し、市内の飲食店から弁当を届ける出前プロジェクトを始めました。

5月10日、竹内通弘洲本市長、洲本飲食組合 井壺幸徳理事長、
FC淡路島 ゼネラルマネージャーの片山純平さん、
出前プロジェクトの代表を務める赤堀元紀さんが出席して
洲本商工会議所でオープニングセレモニーが行われました。

洲本飲食組合では、新型コロナウイルス感染症の影響で
市内の飲食店が営業を自粛し、経営が悪化していることから
様々な支援を求める要望書を4月21日に洲本市へ提出していました。

また、「スポーツを通じた活力と魅力あるまちづくり連携協定」を今年2月に洲本市と締結しているFC淡路島は、
「洲本の飲食店や地域に貢献したい」との思いから洲本市と飲食組合に今回の出前プロジェクトを提案し、
配達業務を行うことになりました。

この出前プロジェクトでは、現在、5つの店から15のメニューが選べ、
洲本市役所から3キロ圏内であればユニフォーム姿のFC淡路島の選手やスタッフが自転車で配達してくれます。

なお、今週の15日(金)から17日(日)の3日間は配達範囲を6キロに拡大することになっています。

配達にかかる料金は、お弁当7個までの場合、前日に予約していると330円、
当日の注文は440円となっています。

注文方法やメニューがのっているチラシは
洲本商工会議所1階のチャレンジショップ前に設置している他、
今週末以降には新聞折込として配布する予定だということです。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る