洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 洲本ロータリークラブがマスクを寄贈

お知らせ

洲本ロータリークラブがマスクを寄贈

【更新日】2020年5月26日


マスク贈呈式

マスクの寄贈

感謝状の贈呈

取材日:5月21日
放送日:5月25日更新分「すもとかわらばん」

5月21日、洲本ロータリークラブが、
淡路医療センターへマスクを寄贈しました。

淡路医療センターで行われた寄贈式には、
淡路医療センターの小山隆司院長と
洲本ロータリークラブの鵜飼徹会長らが出席しました。

式では、はじめに、
鵜飼会長から小山院長にマスクが手渡された後、
それを受けて小山院長からは
感謝状と支援に対するお礼の言葉が贈られました。

社会奉仕活動を続けている洲本ロータリークラブでは、
会員同士で話し合い、
新型コロナウイスの対応で地域に貢献している
淡路医療センターへ、マスクを贈ることを決めました。

贈られたマスクは、
洲本ロータリークラブの会員が、従業員らに配布するために
取引のある東京の商社から仕入れていたものの一部で、
今回、6000枚を淡路医療センターへ寄贈しました。

淡路医療センターによると、
今回のように一つの団体からマスクの寄贈を受けたのは、
これが初めということです。

なお、洲本ロータリークラブでは、
新型コロナウイルスの感染状況を見ながら、
今後も必要であれば、
マスクなどの備品を寄贈したいとしています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る