洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 令和2年度淡路地域づくり懇話会

お知らせ

令和2年度淡路地域づくり懇話会

【更新日】2020年7月29日


会場の様子

竹内洲本市長

井戸兵庫県知事

撮影日:7月28日
放送日:7月28日更新分「すもとかわらばん」

兵庫県知事と島内3市の市長らが一堂に会し
淡路島の現状や今後の課題について話し合う
「淡路地域づくり懇話会」が、
7月28日、洲本総合庁舎で開かれました。

この日は、井戸敏三 兵庫県知事をはじめとする
県や淡路県民局の幹部職員、
竹内通弘洲本市長ら島内3市の市長と市議会議長、
淡路島選出の県議会議員など、あわせておよそ40人が出席しました。

会では、市長と市議会議長が一人ずつ意見を発表しました。

その中で竹内市長は、「新型コロナウイルス感染症対策」として、
PCR検査等がスムーズに受けられる体制を作るため、
「地域外来検査センター」の設置を求めました。

また、柳川真一洲本市議会議長は、「観光振興」について意見し、
従来の観光戦略の見直しと広報体制を整えるため、
官民一体となって取り組む必要があると訴えました。

この他、守本憲弘南あわじ市長は
「新型コロナウイルスとの共存社会における教育について」等を
門康彦淡路市長は
「地域の元気づくり」について意見し、協力を求めました。

3市の市長・市議会議長からの意見発表と
島内選出の県議会議員のコメントに続いて、
井戸知事がそれらに対する考えや感想を話しました。

県のトップが市長らから直接話を聞くことで
地域が抱える課題を県政に反映させようと
毎年1回開かれているこの懇話会、
この日も予定していた時間を超えて様々な意見が交わされていました。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る