洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 第10回洲本川レガッタ

お知らせ

第10回洲本川レガッタ

【更新日】2020年9月8日


大会会場の洲本川

大会の様子

大会の様子

取材日:9月6日
放送日:9月7日更新分「すもとかわらばん」

9月6日、「洲本川レガッタ」というボート競技の大会が
洲本川を会場に開かれました。

今年で10回目の開催を迎えたこの大会は、
2004年から始まった洲本川の改修工事が完了したことを記念して
市内3つの高校のボート部OBなどで作る実行委員会が
2011年に初めて開催して以来、毎年実施しています。

この日は、洲本川河口にかかる洲浜橋から洲本橋までの
長さ300メートル、
または400mの特設コースで競技が行われ、
舵(かじ)取り役の声に合わせて4人で漕ぐ「舵手(だしゅ)付きクオドルプル」や
2人が乗り込む「ダブルスカル」など4種目、
合わせて17レースが実施されました。

大会には、洲本高校・洲本実業高校・蒼開高校の
現役ボート部員を始め、各学校のボート部OBや
洲本市の職員チームといった一般参加を含む、
全部で46チーム、およそ180人が参加しました。

会場となった洲本川の河口付近では、
長年、高校のボート部が練習を行っていましたが、
2004年の台風23号災害による改修工事期間中は
練習場として使用出来ませんでした。

しかし、工事が完了して以降は、
この日の大会「洲本川レガッタ」が行われるようになった他、
淡路高校総体のボート競技の会場にもなっています。

今回は、新型コロナウイルス感染症の影響で、
開催が危ぶまれましたが、
消毒を行い密を避ける為に開会式は行わないなど、
感染症対策を徹底することで大会を開くことが出来ました。

また、台風の接近も心配されましたが、
風や水面のうねりも少なく、
上々のコンディションの中、開催することができました。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る