洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 淡路島くにうみ講座

お知らせ

淡路島くにうみ講座

【更新日】2020年9月8日


会場の様子

入場時に検温

武田信一さん

取材日:9月3日
放送日:9月7日更新分「すもとかわらばん」

令和2年度1回目となる淡路島くにうみ講座が
9月3日、洲本市文化体育館で開かれました。

この講座は、淡路島の自然や歴史・文化などを学んでもらい、
地域の活性化と、淡路を担う人づくりにつなげようと
淡路島くにうみ協会が、毎年年間6回開いています。

およそ160人が受講した この日は、
入場時の体温測定やマスクの着用を徹底した他、
広い会場を用意し座席の間隔を空けるなど、
新型コロナウイルス感染症への対策が施されました。

講座では、
淡路地方史研究会顧問の武田信一さんが講師に招かれ、
戦国時代の淡路島をテーマに、
およそ1時間30分にわたって話をしました。

この日、武田さんは、
淡路島に残る史跡などから見えてくる
戦国時代の島の様子などを紹介し、
当時の淡路島は、交通、物流、戦略の要所であり
覇権争いで非常に重要であったと説明しました。

また、一時絶大な力を誇った
三好長慶が淡路島を抑えるために
実の弟を、当時、淡路の有力者だった、
安宅氏へ養子に出したエピソードなどについても話しました。

なお、「淡路島くにうみ講座」、次回は10月28日に
タレントで安田大サーカス団長の安田裕己さんが
「私の人生〜自転車から見た淡路島〜」と題した講演会を
開催する予定になっています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る