洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 炬口ポンプ場完成

お知らせ

炬口ポンプ場完成

【更新日】2020年10月9日


式典の様子

挨拶をする竹内市長

通水式

撮影日:10月8日
放送日:10月8日更新分「すもとかわらばん」

台風や大雨の時、ポンプで大量の水をくみ上げて川に流し、
道路の冠水や建物への浸水を防ぐ炬口ポンプ場が、
このほど完成しました。

10月8日、施設の完成を祝う式典が行われ、
竹内 通弘 市長や柳川 真一市議会議長の他、
議会関係者、町内会関係者、工事関係者など、
およそ20人が出席しました。

大阪湾に面し、三角州の低い土地に住宅が密集した炬口・塩屋地区では、
古くから、台風や大雨のたびに浸水被害を受けていて、
平成16年2004年10月の台風23号でも、
大規模な床上・床下浸水の被害が発生しました。

この地区には、従来からポンプ場がありましたが、
老朽化や能力不足による浸水被害を解消するため、
洲本市では、建設事業費およそ13億5千万円をかけ、
2018年3月から新しいポンプ場の建設に着手していました。

この施設では、3台のポンプを使って、
最大、毎秒2.7立方メートルの排水能力があり、
大雨が降った場合、速やかに、施設のそばにある洲本川に流すことで、
炬口・塩屋地区の15.2ヘクタールの
浸水被害を食い止める事ができます。

なお、今年7月25日、
洲本市内では1時間に最大70.5ミリの大雨が降りましたが、
調整運転を兼ね新しいポンプ場を稼働した所、
浸水被害は発生しなかったということです。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る