洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 学校給食用に新米の寄贈

お知らせ

学校給食用に新米の寄贈

【更新日】2020年10月10日


市役所を訪れた相坂組合長ら

目録と新米の贈呈

関係者

取材日:10月9日
放送日:10月9日更新分「すもとかわらばん」

「淡路日の出農業協同組合」から洲本市に学校給食用として新米が寄贈されることになり、
10月9日、相坂 有俊 代表理事組合長らが洲本市役所を訪れました。

淡路日の出農業協同組合では、子供達に洲本でとれたお米をたくさん食べてもらい、
いっそうの地産地消をすすめようと、7年前から地元産の新米を学校給食用に寄贈しています。

この日は贈呈式が行われ、相坂組合長から竹内 通弘 市長に
新米10キログラムと目録が手渡されました。

今回用意されたお米は、「淡路島キヌヒカリ」で、
洲本市全体の学校給食1日分にあたる290キログラムが贈られました。

淡路日の出農業協同組合では、子供たちに地元産の食材を味わってもらおうと、
新米だけではなく、玉ねぎも学校給食用に寄贈しています。

今年の淡路島での米の出来具合ですが、長引いた梅雨に対し、
8月の雨不足の影響が心配されましたが、ほぼ平年並みというデータが出ています。

なお今回贈られた新米は、五色地域では11月5日に、
洲本地域では11月17日に、学校給食として使用される予定になっています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る