洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 蔵の子ども図書館「きぼうの図書館」開設

お知らせ

蔵の子ども図書館「きぼうの図書館」開設

【更新日】2020年10月13日


YORISOI米田家

説明会の様子

蔵の内部

撮影日:10月11日
放送日:10月12日更新分「すもとかわらばん」


本町7丁目商店街にある
築110年を超える古民家を再生した施設
「YORISOI米田家」で進められている取り組みを
紹介します。

2018年4月に完成したこの「YORISOI米田家」、
「子ども食堂」や障害者支援、
レンタルスペースなど、様々な形で活用されてきました。

その後、使われていなかった蔵に、
子ども図書館を作ろうという計画が始まり、
10月11日には、
改修工事に携わった京都工芸繊維大学の大学院生らも参加して
ボランティアや寄付、本の寄贈などに関する説明会が
開かれました。

この蔵は木造2階建てで、
土間仕様の一階はフリースペース。
壁の一部には黒板塗料が塗られています。

2階の一部は吹き抜けとなっていて、
寄贈などで集めた本が並べられることになっています。

そして、名前は「きぼうの図書館」と名付けられました。

施設を運営している
NPO法人「淡路島SPO支援センター」代表理事の
李貫一さんに話を聞きました。

子ども達が未来に希望を抱けることを願って
名付けられたという「きぼうの図書館」、
11月3日のオープンを目指していて、
今後もこの日の様な説明会の開催を予定しています。

詳しくは、「蔵・子ども図書館プロジェクト実行委員会」まで。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る