洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > レンタサイクル見所案内サービス 実証実験

お知らせ

レンタサイクル見所案内サービス 実証実験

【更新日】2020年10月15日


見どころ案内サービスの画面

骨伝導イヤホン

レンタサイクル

撮影日:10月13日
放送日:10月14日更新分「すもとかわらばん」

市内のサイクリングをより楽しくしてくれる
案内サービスが始まるという話題です。

10月13日、サービス開始に先立ち記者発表が行われました。

スマートフォン用のガイドアプリを活用するこのサービスは、
市内のみどころや観光スポットを
画面上のアテンダントが案内をしてくれるというものです。

洲本市と一般社団法人淡路島観光協会では、
観光案内所で貸し出しているレンタサイクルの利用者に
洲本市の魅力をより知ってもらうことや利便性の向上を目的に
パナソニック システムソリューションズジャパン株式会社をはじめ、
4つの会社と協力して、洲本市版のガイドアプリを制作しました。

このガイドアプリには、「旧鐘ヶ淵紡績洲本工場」や「生石公園」など、
市内14カ所が収録されていて、それぞれの場所に近づくと
見どころの案内が始まります。

その他にも、付近のトイレや休憩箇所、
走行時の注意点といった情報なども提供されます。

ガイドアプリは、専用の「骨伝導イヤホン」を使うため、
耳をふさぐこともなく、安全に自転車に乗る事が出来ます。

レンタサイクルは有料ですが、「みどころ案内サービス」や
「骨伝導イヤホン」は無料で利用できます。
但しスマートフォンに案内アプリをダウンロードする必要があります。

このサービスは、10月16日から12月20日までの
およそ2か月間限定の実証実験として行われることになっています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る