洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 第26回全淡小学生書き初め席書大会

お知らせ

第26回全淡小学生書き初め席書大会

【更新日】2021年1月12日


会場の様子

席書大会の様子

席書大会の様子

撮影日:1月8日
放送日:1月9日更新分「すもとかわらばん」

1月9日、全淡小学生書き初め席書大会が蒼開中学校で開かれました。

この大会は、日本の伝統文化、書道に親しんでもらおうと小学生を対象に毎年この時期に開かれているもので、
平成8年、1996年から毎年実施されています。

26回目となった今回は島内17校の4年生から6年生までの児童合わせて54人が参加しました。

会場の席についてから初めて課題を与えられ、決められた時間内に作品を完成させるこの席書大会、
今年は、4年生が「山里の冬」、5年生が「新春の空」、6年生は「除雪列車」となっていました。

この日与えられた持ち時間は1時間、時間内なら、何度練習してもかまいませんが、
清書用の長半紙5枚の中から1点を自分で選び、提出しなければなりません。

参加者達は、縦68cm、横17.5cmの長半紙に、与えられた課題を一文字一文字丁寧に書いていきました。

提出された作品は、兵庫県書作家協会運営理事の細田先山さんと書道家の細田窓風さん、
蒼開中学校の書道部顧問をつとめる山形晃葩さんの3人によって審査が行われました。

審査は、子どもらしく、元気でのびのびと書かれているか やバランスが考慮されているか
といったことが、ポイントとなっていました。

そして審査の結果、「洲本市長賞」や「淡路書道連盟理事長賞」といった
9つの優秀賞と佳作12点が選ばれました。

例年は、当日に表彰式が行われていましたが、今年は、新型コロナウイルス感染防止対策のため、
蒼開中学校のホームページでの発表となり、賞状などは、受賞者の学校に送付されることになりました。




Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る