洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 小学校の児童がエコひろば洲本を見学

お知らせ

小学校の児童がエコひろば洲本を見学

【更新日】2021年1月14日


エコひろば洲本を訪れた児童

海洋プラスチックごみについて

洲本ストックヤードを見学

撮影日:1月12日
放送日:1月13日更新分「すもとかわらばん」

1月12日、大野小学校の4年生53人が、
校外学習で環境問題について学習しました。

現在、大野小学校の4年生は、
社会科の授業で自分たちが住んでいる街について学ぶ、
ふるさと学習に取り組んでいます。

この日は、
洲本市と南あわじ市が共同で運営するごみ処理施設
「やまなみ苑」を見学したあと、
下内膳地区にあるごみのリサイクル施設
「洲本ストックヤード」内に開設されているエコひろば洲本を訪れ、
環境保全について学びました。

児童達は、
はじめに、洲本市の職員から
「海洋プラスチックごみ」についての説明を聞きました。

そして、どうして海にごみがあるのかや
海に流れ着いたプラスチックごみは
分解されないことなどについて話を聞いた後、
自分たちが出来ることについて考えました。

続いて、「洲本ストックヤード」に
集められたペットボトルや段ボールなど、
リサイクル可能なゴミを
どのように処理しているか見学しました。

2012年から運用が始まった洲本ストックヤードは、
リサイクル可能なゴミを分別して一時保管し、
その後、リサイクル業者へと引き渡しています。

この日、児童達は、
メモを取るなどして職員の話に耳を傾けていました。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る