洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 地震・津波に対する防災訓練

お知らせ

地震・津波に対する防災訓練

【更新日】2021年1月14日


訓練の様子

避難の様子

曲田山公園

撮影日:1月9日
放送日:1月13日更新分「すもとかわらばん」

南海トラフ地震の発生による
地震と津波を想定した防災訓練が、
1月9日、洲本第二小学校で実施されました。

この日の訓練では、
はじめに震度7程度の揺れが、発生したという想定のもと、
避難訓練が行われました。

午前10時40分に緊急地震速報が流れると、
教室にいた児童達は、
落下物から身を守るため机の下に潜り込んだあと、
あらかじめ決められた避難経路を通って校庭へ集まりました。

その後、大津波警報が発令されたものの、
校舎が被災して使えないと想定して、
学校からおよそ1.2キロメートル離れた高台にある
曲田山公園を目指し、歩いて避難しました。

毎年地域をあげて行われているこの訓練、
今年は感染症予防の為、
地元町内会の人達の参加は見送られましたが、
洲本第二小学校の児童のほか、
PTAや学校の隣にある洲本幼稚園の園児らが加わり、
あわせておよそ250人が参加しました。

避難場所までの道中は、
5年生、6年生の児童が幼稚園児に付き添い、
周囲の安全に注意しながら移動していました。

学校を出発して28分後、
参加者全員が曲田山公園に到着すると、
阪神・淡路大震災の犠牲者を弔って黙とうが行われました。

避難訓練の後、学校では、
水を注ぐだけで煮炊きせずにご飯ができる防災食、
「アルファ化米」を食べながら訓練を振り返りました。

なお、海岸に近い校区がある洲本第二小学校では、
大きな地震が発生した場合、津波の被害を受ける可能性があり、
今後も、年間を通して定期的に防災に関する授業を
行っていくということです。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る