洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 市長による租税教室

お知らせ

市長による租税教室

【更新日】2021年1月27日


講師の竹内市長

話を聞く児童

税のなくなった世界のアニメ

取材日:1月26日
放送日:1月26日更新分「すもとかわらばん」

税について学ぶ租税教室が1月26日、大野小学校で行われました。

この日は、大野小学校の卒業生でもある竹内通弘洲本市長が講師に招かれ、
6年生の児童56人に、税金の種類や仕組み、使い道など、税にまつわる話をしました。

この租税教室は、税の大切さや重要性について学んでもらおうと
税務署や行政などでつくる淡路地区租税推進協議会が開催しました。

協議会では、税務署の職員や税理士が講師となり、
小学生から大人まで、様々な年代を対象にした税に関する教室を開いていますが、
今回は、市民から集めた税金を実際に使う立場にある
市長に講師役を依頼し話をしてもらうことになりました。

教室では、初めに市長から税の種類の話を聞いた後、
「税金がなくなった世界」を想定したアニメを鑑賞しました。

その後、税の使い道の話となり、学校を建てる費用はどのくらい必要かや、
小学校入学から高校卒業までにいくらの教育費がかかるかについて、
市長が説明しました。

この他、一千万円分の札束の見本を手に取ってみる体験や
市長に対する質問コーナーなども設けられていました。

なお、税に関する授業としては1月27日に
南あわじ市にある吉備国際大学 志知キャンパスでも
開かれる予定になっています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る