洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > コロナワクチン保管用超低温冷凍庫が到着

お知らせ

コロナワクチン保管用超低温冷凍庫が到着

【更新日】2021年2月24日


届いた超低温冷蔵庫

設置された冷蔵庫

蓋を開けた状態

取材日:2月22日
放送日:2月23日更新分「すもとかわらばん」

新型コロナウイルスのワクチンを保管する超低温冷凍庫が
2月22日、洲本市に到着しました。

新型コロナウイルスのワクチンの中で
アメリカ合衆国に本社を置くファイザー社製のものは
マイナス75度で保管する必要があり、
今回、洲本市健康福祉館に設置された超低温冷凍庫は
それに対応したものとなっています。

この超低温冷凍庫の大きさは、
幅56センチ、奥行き65センチ、高さ89センチ。

ワクチンは195本が1つのケースに入って
送られてくることになっていて、
この冷凍庫では、10ケース収納することが出来ます。

2月22日時点で、
洲本市にいつワクチンが入ってくるか分かっていないため、
接種開始時期も未定ですが、
3月下旬から、
医療従事者・高齢者・基礎疾患がある人といった
優先接種者順に、
接種券が洲本市から郵送されることになっています。

なお、洲本市によると
市内で新型コロナウイルスワクチンの接種予定者数は
およそ3万8千人。

集団接種会場は、
洲本地域と五色地域に1カ所ずつ開設する事になっていて、
五色地域はまだ決まっていないものの、
洲本地域では、
洲本市文化体育館を予定しているということです。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る