洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 第41回全日本学童軟式野球大会

お知らせ

第41回全日本学童軟式野球大会

【更新日】2021年3月4日


準決勝第一試合

準決勝第二試合

決勝戦

撮影日:2月28日
放送日:3月3日更新分「すもとかわらばん」


第41回全日本学童軟式野球大会の南淡路支部予選が、
洲本市民球場で行われたという話題です。

2月13日から始まったこの大会には、
洲本市と南あわじ市の13チームがエントリーしていて
2月28日には準決勝と決勝戦が行われました。

準決勝第1試合を戦ったのは、
鮎原ガッツファイターズと広田少年野球クラブです。

1回先制した鮎原に対して、
その裏、広田も反撃し、
2本のピットなどで2点を返し逆転します。

3回、鮎原は、足を活かした機動力で同点に追いつきますが、
その裏に再び1点を追加され、
2対3と広田にリードを許します。

しかし、鮎原も粘りをみせ、4回に1点を返し同点。
そして、最終回、
相手ピッチャーの暴投などにより、1点を追加した鮎原は、
4対3で勝利を収めました。

続いて、準決勝2試合目は、
洲本ゴンターズ対おのころジャガーズの顔合わせ。

初回、おのころの攻撃を3者凡退に抑えた
洲本ゴンターズはその裏、
相手ピッチャーの立ち上がりを攻め、
一挙3点を先制します。

2回以降も洲本ゴンターズは反撃を許さず、
4回までに1点ずつを加えて、
6対0とリードします。

そして、6回にも1点奪った洲本ゴンターズが
7対0のコールド勝ちを収めました。

午後から行われた決勝戦は、
洲本ゴンターズと鮎原ガッツファイターズの
洲本勢対決となりました。

1回表、
先制点のチャンスを迎えた洲本は、
センター前ヒットなどで2点を先制します。

対して鮎原は
2回に1点、3回に2点を加え、
3対2と逆転に成功します。

しかし、洲本も黙ってはいません。
4回表、ヒットや相手投手の乱れによって
2点を返し、4対3と逆転に成功します。

その後、
6回にも、新たに3点、
7回にも1点を加え、
結局8対3で洲本が鮎原を退け、優勝しました。

なお、優勝した洲本ゴンターズは、
南淡路支部の代表として、
5月2日から尼崎市のベイコム野球場で行われる
第41回全日本学童軟式野球大会 マクドナルドトーナメント
兵庫県決勝大会に出場します。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る