洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 「淡路島サクラマス」グルメお披露目会

お知らせ

「淡路島サクラマス」グルメお披露目会

【更新日】2021年3月5日


お披露目会の様子

お披露目会の様子

記念撮影

撮影日:2月26日
放送日:3月3日更新分「すもとかわらばん」

淡路島の春の味覚の代表格のひとつ「淡路島サクラマス」が
今年も3月1日から解禁となりました。

この「淡路島サクラマス」は、
冬の「淡路島3年トラフグ」と夏の鱧の間をつなぐ
春の名物にしようと
南あわじ市福良湾で6年前から養殖が始まりました。

2018年には、生産者と兵庫県、淡路島観光協会、
飲食店などが協力して
「淡路島サクラマスプロモーション実行委員会」を設立し、
島内全域で「淡路島サクラマス」を
展開するようになりました。

そして、毎年解禁日の前には
「淡路島サクラマス」を使った
新しい料理のお披露目会が開かれていて、
今年は2月26日に
吉備国際大学南あわじ志知キャンパスで行われました。

今年は、39店舗が
89ものメニューを提供することになっていて、
この日のお披露目会には16店舗が参加し、
メニューの特徴などを紹介しました。

「淡路島サクラマス」は、
1年間飼育された稚魚を静岡県から購入し、
12月から福良湾内のいけすで養殖を開始。
5月ごろまで養殖を行っています。

今年は1万7500匹
およそ5トンの稚魚を養殖していますが、
成育状況を調べる2月の選別の時点では、
順調に成長していることが確認されています。

この「淡路島サクラマス」、
5月末まで島内39店舗で楽しめますが、
3月には3年トラフグと、
5月にはサワラとしらすとコラボした
限定ものの丼ぶりを提供するキャンペーンも行われます。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る