洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 地域の課題解決に繋げるビジネス拠点が完成

お知らせ

地域の課題解決に繋げるビジネス拠点が完成

【更新日】2021年4月3日


開設された施設

テープカット

コワーキングスペース

撮影日:3月26日
放送日:4月2日更新分「すもとかわらばん」

洲本市と龍谷大学、洲本商工会議所が協力して
地域の課題解決に繋げる活動や
ビジネスを支援していく拠点を
このほど、洲本商工会議所会館に設置しました。

3月26日、竹内通弘市長、入澤崇龍谷大学学長、
木下紘一洲本商工会議所会頭、
市内で太陽光発電所を運営する
PS洲本株式会社代表取締役の、
龍谷大学 白石克孝副学長ら、
関係者が出席して、開所式が行われました。

この拠点は、
龍谷大学がバングラディシュの経済学者・実業家で、
ノーベル平和賞を受賞した
ムハンマド・ユヌスさんとともに
社会問題の解決を目的として、
開設したビジネスリサーチセンターの分室となります。

洲本市と龍谷大学では
ため池の維持管理の問題に向けた太陽光発電施設の運用や
放置竹林の有効活用のため、メンマの商品開発など
様々な社会問題の解決に取り組んでいます。

開設された施設の備品整備や、
維持に必要なコストについても、
太陽光発電の売電で得た利益が当てられています。

「島の編集室 SENKA」と名付けられたこの施設、
4月5日から開設され、
地域住民や企業、都市部の大学生らが
気軽に集い、学び、交流するためのレンタルスペースとして
利用する事ができます。

ここでは京都にある
ビジネスリサーチセンターともつながっていて、
ビジネスに関するアイデアの助言や
人材・企業との仲介も
センターの職員から受けられるほか、
起業セミナーなども開催する予定となっています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る