洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 地域福祉フォーラム2021

お知らせ

地域福祉フォーラム2021

【更新日】2021年4月3日


地域福祉フォーラム

講師の木村院長

社協の報告

撮影日:3月27日
放送日:4月2日更新分「すもとかわらばん」

3月27日、洲本市総合福祉会館を会場に
洲本市社会福祉協議会が
「地域福祉フォーラム」という催しを開きました。

毎年開かれているこの催し、
今年は新型コロナウイルスの感染対策の為、
あらかじめ人数を制限して実施されることになり、
民生委員やボランティア、町内会役員など
43人が参加しました。

この日は、「コロナ禍における地域福祉活動
           〜新しい生活様式とともに〜」と題し、
市内で開業医として地域医療を担っている
木村医院の木村一郎院長が講演を行いました。

講演の中で木村さんは、
島内における新型コロナウイルスの感染状況や
ワクチンに関する説明、
自粛生活が続く中での運動不足を防ぐ対処の方法などについて、
およそ1時間にわたって話をしました。

講演に続いて、
洲本市社会福祉協議会からの情報提供として、
新型コロナウイルス特例貸付や買物支援事業といった
昨年度取り組んできた事業などについて報告がありました。

また、「だれもがみとめ ささえあい ともにくらせる まちづくり」を
基本目標に据え、
洲本市社会福祉協議会が、令和3年度から6ヶ年計画で進める
第4次地域福祉推進計画の内容に関する解説もありました。

平成20年から毎年続くこの地域福祉フォーラム、
過去には、災害対策や子育て支援、法律に関することなど
様々なテーマで開かれてきましたが、
洲本市社会福祉協議会では、
より多くの人達に地域福祉について考えてもらえるよう、
来年度以降も引き続き開催していきたい、としています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る