洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 天皇杯全日本サッカー選手権 県代表決定戦

お知らせ

天皇杯全日本サッカー選手権 県代表決定戦

【更新日】2021年4月6日


同点ゴールを決めた宮村選手

大木選手のヘディングシュート

PKでFC淡路島が勝利

撮影日:4月4日
放送日:4月5日更新分「すもとかわらばん」

淡路島に拠点を置き毎年一つずつ上のリーグに昇格しながら
Jリーグ入りを目指しているサッカーチーム、FC淡路島の話題です。

4月4日には、今シーズン初の公式戦、
天皇杯全日本サッカー選手権の兵庫県代表を決める大会の初戦を迎えました。

今シーズンから関西2部で戦うFC淡路島ですが、
この日の相手は同じリーグに所属する「FC EASY 02」でした。

オレンジのユニフォーム・FC淡路島は、
先発メンバーに、今シーズンから加入した選手を4人揃え、
前半から押し気味に試合を進めます。

しかし、前半終了間際、セットプレーから相手にゴールを許してしまい、
0対1で試合を折り返します。

早く追いつきたいFC淡路島は
後半に入っても相手ゴールに何度も襲い掛かります。

そして、ようやく後半15分、
背番号19番・宮村選手が決め同点に追いつきます。

さらにその直後、今度は今季から新加入の背番号15番
大木選手が頭で決め、試合を一気にひっくり返します。

そのまま逃げ切りかと思われた後半42分、
相手コーナーキックをクリアしようとしたボールが
直接ゴールに吸い込まれ、同点に追いつかれてしまいます。

試合はそのまま2対2で終了。PK戦へともつれ込みましたが、
相手の3番目の選手がゴールを外し、5対3でFC淡路島は辛くも勝利をおさめました。

天皇杯全日本サッカー選手権大会県代表決定戦、初戦を突破したFC淡路島、
次は、4月18日、甲南大学と対戦することになっています。

また、4月10日には、関西2部リーグが開幕し、
FC淡路島は、京都紫光クラブと戦います。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る