洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 国名勝 旧益習館庭園秋のライトアップ

お知らせ

国名勝 旧益習館庭園秋のライトアップ

【更新日】2021年11月25日


ライトアップされた庭園

洲本高校邦楽部による演奏

ライトアップされた庭園

放送日:11月24日更新分「すもとかわらばん」

国指定の名勝に指定されている旧益習館庭園で
夜間の特別ライトアップが、
11月20日から22日までの3日間行われていました。

この旧益習館庭園は、
徳島藩の筆頭家老で洲本城代を務めていた稲田氏が、
寛永8年 西暦1631年、
この地に別荘を建てた時が始まりとされ、
幕末になって稲田氏の学問所が移り、
「益習館」と呼ばれるようになりました。

旧益習館庭園は、
曲田山を背に設けられた中心にある池の山側に
最大で幅5.8m、高さ4メートルにもなるものをはじめ、
複数の大きな岩が並んでいるのが特徴の豪壮な武家庭園です。

夜間ライトアップの初日となった20日には、
洲本高校邦楽部による箏の演奏会が開かれ、
「六段の調べ」と「桜ゆららパート2」の2曲を披露しました。

演奏会には、およそ40人が訪れ、
幻想的な雰囲気の中で響く美しい箏の音色に聴き入っていました。

なお、旧益習館庭園では通常、土曜日、日曜日、祝日の
午前10時から午後4時までの間、一般公開を実施しています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る