洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 洲本市議会12月定例会開会

お知らせ

洲本市議会12月定例会開会

【更新日】2021年11月27日


本会議の様子

小松議長

竹内市長

撮影日:11月26日
放送日:11月26日更新分「すもとかわらばん」

12月28日までを会期として、11月26日に開会した洲本市議会の12月定例会をお伝えします。

午前10時から始まった本会議では、まず、小松茂議長と竹内通弘市長が開会の挨拶をしました。

続いて、今回の定例会に提出された議案などが説明されました。

提出された案件は全部で24件あり、その内訳は、補正予算をはじめ、
条例制定や契約締結など議案21件、報告3件となっています。

では、このうち、総額67億6700万円あまりが計上された補正予算について、主なものを紹介してきます。

まず新型コロナウイルス感染症対策として、3回目となるワクチンの追加接種に向けた準備や
小中学校の顔認証体温計の設置・空調設備の更新などがあります。

次に、新しい生活様式への取組支援として、田舎暮らしを推進する新生活スタートアップ支援事業の
補助金追加があります。

地域振興対策としては、
好調なふるさと納税「ふるさと洲本もっともっと応援寄附金」に関する基金の積み立てや事務費、
大阪で開設予定の市のPRに係る拠点の経費、淡路文化史料館の開館40周年記念事業費などがあります。

この他、今年9月に発生した台風14号などで被害を受けた災害復旧費も計上されています。

なお、洲本市議会12月定例会、本会議は12月6日(月)の午前10時に再開され、
議員からの一般質問が行われます。

質問を予定しているのは、片岡議員・木戸議員・中野議員・高島議員・間森議員
小野議員・笹田議員・先田議員・近藤議員の9人となっています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る