洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 淡路ミニバスケットボール選手権大会

お知らせ

淡路ミニバスケットボール選手権大会

【更新日】2021年11月30日


試合の様子

試合の様子

試合の様子

撮影日:11月23日・27日
放送日:11月29日更新分「すもとかわらばん」

淡路ミニバスケットボール選手権大会の話題です。

11月23日に洲本市文化体育館で開幕したこの大会は、
県大会などの淡路地区代表の座をかけた「チャンピオンの部」と
選手同士の交流を目的とした「エンジョイリーグの部」が設けられ、
男女合わせて26チームが出場しました。

初日の23日には、男女合わせて14試合が行われました。

今年は、新型コロナウイルス感染症の対策として
「チャンピオンの部」の予選を2日間に分けて、
1日あたりの試合数を減らし、
これまでのリーグ戦からトーナメント形式に変更しました。

この日の試合の結果、
「チャンピオンの部」の男子では、
「南淡ミニバスケットボール教室」と「三原バスケットボール教室A」が
女子の部では、「三原バスケットボール教室A」と
「TSUNA AGITOS」の決勝進出が決まりました。

また、「エンジョイリーグ」の部では、
男子が「三原バスケットボール教室B」、
女子が「洲本ミニバスケットボール教室B」がそれぞれ1位となりました。

27日には大会2日目が行われ、
チャンピオンの部とエンジョイリーグの部であわせて7試合が行われました。

この日の結果、
男子チャンピオンの部では東浦ミニバスケットボール教室が
一点差の激戦を制し、準決勝に、
女子チャンピオンの部では、
洲本ミニバスケットボール教室Aと南淡ミニバスケットボール教室が
ともに圧勝し、準決勝にコマを進めました。

また、「洲本ミニバスケットボール教室C」が
大会2日目のエンジョイリーグの部を制しています。

なお、11月28日の大会3日目には
男女それぞれ、チャンピオンの部の準決勝・決勝が行われ、
男子は「TSUNA AGITOS」が
女子は「三原バスケットボール教室A」が、優勝を飾っています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る