洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 新しい淡路島観光アンバサダーが決定

お知らせ

新しい淡路島観光アンバサダーが決定

【更新日】2024年2月6日


審査会の様子

新しい淡路島観光アンバサダー

記念撮影

取材日:2月4日
放送日:2月5日更新分「すもとかわらばん」

2月4日、洲本市文化体育館で、新しい淡路島の観光PR役を担う
「淡路島観光アンバサダー」を決める審査会が行われました。

これまで淡路島観光協会では、
女性を対象に「クイーン淡路」を選出してきましたが、
昨年からは、性別や国籍を問わず、18歳以上で淡路島に縁のある人を対象に、
「淡路島観光アンバサダー」として任命しています。

そして、昨年12月11日からおよそ1カ月間 募集したところ、
海外在住を含む島内外から、下は19歳・上は61歳という幅広い年代の38人の応募がありました。

そして書類選考を経て、
この日は、辞退した1人を除く男性4人女性11人、あわせて15人が面接審査に臨みました。

面接審査では、
木下学会長ら淡路島観光協会のメンバーが審査員をつとめ、
自己紹介に続いて、2つのグループに分かれて
1人あたり7分間の個人面接が行われました。

その結果、4人が選ばれ、審査終了後に記者発表が行われました。

1人目は森田悠香さん36歳です。
3年前に大阪市から淡路市に移住し、地元食材を使った食品を販売する会社を立ちあげたことで、
美味しいものが沢山ある淡路島の魅力を発信したいと考え、今回応募したそうです。

次は、大阪市茨木市出身で、現在市内の宿泊施設で働いている秋山和音さん26歳です。
淡路島の良さをPRすることで観光業を盛り上げ、
地域の活性化にも貢献したいと考えています。

3人目は西川 花梨さん24歳、
パソナグループで淡路島の観光の魅力を発信する仕事をしています。
得意の英語を活かして、島の魅力を日本だけでなく海外にも広めたいと応募しました。

4人目は、神戸市在住で、
淡路島の観光情報などをまとめたWebサイトを運営している高橋健太さん40歳です。
みんなが憧れるような淡路島観光アンバサダーになりたいと意気込んでいます。

なお、淡路島観光アンバサダーに選ばれた4人は、
2月23日、南あわじ市で開催される「淡路島びらき」が初仕事になる予定です。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る